【訃報】小枝守元監督が死去、死因は肝細胞がん(画像)日大三高、拓大紅陵野球部を指導

ここでは、「【訃報】小枝守元監督が死去、死因は肝細胞がん(画像)日大三高、拓大紅陵野球部を指導」 に関する記事を紹介しています。
にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
-SPONSORED LINK-



日本大学第三高等学校、拓殖大学紅陵高等学校の野球部監督を歴任し、日本高等
学校野球連盟技術・振興委員も務めた高校野球指導者の小枝守さんが、1月21日
午前、肝細胞がんのため東京都内の病院で死去したことが報じられた。
(PR) サイゴンから来た妻と娘
小枝守(こえだ まもる)さんは東京都出身、1951年7月29日生まれ(67歳没)。日本大
学第三高等学校を経て日本大学文理学部を卒業、1976年から1981年まで日本大学
第三高等学校、1982年から2014年夏まで拓殖大学紅陵高等学校の野球部監督を務
め、2016年からの2年間は侍ジャパンU18代表の監督も務めた。謹んでお悔やみ申し
上げます。小枝守さんの画像
(PR) 動物園で撮った家族の写真

-注目記事-
拓大紅陵高校の元野球部員(18)を売春防止法違反で逮捕




アクセスランキング